東京都中野区で弁護士をお探しなら中野駅前総合法律事務所
中野駅前総合法律事務所
営業時間 平日・土曜・祝日 7:00~24:00

契約書作成・確認

1.契約書の重要性

取引において契約書は全ての基盤となるものですので非常に重要です。

しかしながら、未だ多くの中小企業様において、社内やインターネットに掲載されているひな形を部分的に修正した契約書を利用して契約締結をしている(個人間においては契約書すら締結していない)という現状があります。

このようなひな形は、条項が不明瞭である、最新の法令に基づいていない、自身に不利な条項があるなど契約書の有効性が保たれていない場合が多くあります。

 

2.契約書によるリスクヘッジ

実際に契約書が基で紛争になっている事例は数多く存在しますが、これらは全て有効な契約書を作成さえしていれば未然に防げるトラブルといえます。

取引の内容は一つ一つ異なりますので、契約書もその内容に合わせて作成することが非常に大切です。

万が一紛争になり企業に多大な損害を与えかねないリスクを考えると、契約書作成時に手間を惜しまず、法律のプロである弁護士の目線をいれることを是非お勧めいたします。

 

3.リーガルチェックから契約書作成までの流れ

当事務所では、契約書作成にあたり以下の流れでリーガルチェックをさせて頂いております。

①    ヒアリング 取引の内容を詳細まで丁寧に伺います。
②    契約書骨子作成 ヒアリングを基に契約書の骨子を作成いたします。

既にドラフトがある場合は、内容に不備はないか、御社にとって不利な条項はないかなどをチェックさせて頂きます。

③    確認作業 御社にてチェック済のドラフトをご確認いただきます。

そのうえで相手先へ提示頂き、先方の要望で追加された条項などがあれば当事務所において再チェックさせて頂きます

④    完成版のお渡し 最終チェックのうえ、完成版をお渡しさせて頂きます。
その他 契約締結に係る作業につきご不明点がございましたら、何なりとご相談ください。ご希望がある場合は契約締結の立会いなども行わせて頂きます。

(別途日当を頂戴いたします)

尚、定期的な契約書レビューをご要望されている会社様には、顧問契約の締結をお勧めしております。

都度ご依頼いただくよりも弁護士費用がお安くなりますので、是非あわせてご検討ください。