東京都中野区で弁護士をお探しなら中野駅前総合法律事務所
中野駅前総合法律事務所
営業時間 平日・土曜・祝日 7:00~24:00

債権回収

1.はじめに

  • お金を貸したのに返してもらえない
  • 取引先が支払をしない
  • 勤務先が給料を支払わない
  • 家賃の滞納が続いている

金銭トラブルで多く見られるのがこのような債権回収の問題です。

債権回収はある程度の部分まではご自身で行うことが出来ますので、ここでは弁護士に依頼するメリット・デメリットについてご説明させて頂きます。

 

2.債権回収を弁護士に依頼するメリット

まず、債権回収には忍耐が必要です。

回収を急かすあまり、相手が破産(または倒産)をしてしまい、回収不能になってしまったら元も子もありません。

相手の現状を考慮しつつ、忍耐強く督促をし、相手に回収できるだけの資産があることが見込めるのであれば、いかにあなたへの返済の優先度を上げさせるか、ということが債権回収のポイントになります。

この点、弁護士に依頼をすると、一切を任せることができるため、督促にかかる手間が省けます。

また、債権回収は心理的負担が大きい作業です。特に、相手が昔からの知人である、できれば今後も良好な関係を続けたい取引先であるなどという場合には、こちらがどの程度強気に出ればよいのかなど非常に悩ましいところですが、このような心理的負担が弁護士に一任されることでかなり軽減されます。

もう一点、弁護士に依頼するメリットは、交渉ではどうにもならないと行き詰った場合に法的措置をとることが可能なことです。

特に民事執行(いわゆる差し押さえ)となると、執行前に相手が破産をしないか、財産を隠匿しないかなど、執行をかけるタイミングが非常に重要になりますが、この点、交渉の段階から弁護士が介入していますと、弁護士が一番効果的だと思うタイミングでの執行が可能となります。

また、相手方には「弁護士が代理人についている」というプレッシャーを与えられますので、回収率のUPが見込めます。

 

 

3.債権回収を弁護士に依頼するデメリット

これに対し、弁護士に依頼をする場合のデメリットですが、それはずばり費用倒れです。

弁護士に依頼をし、訴訟を起こし判決をとり、債権執行まで行ったが、いざふたをあけてみたら相手方に回収できる資産が無かった、という場合が一番悲惨です。

債権が回収できないうえに、弁護士費用まで支払うことになってしまっては目も当てられません。

すなわち、債権回収を弁護士に依頼する場合には、回収の見込みがあるかという見極めが非常に大切であるといえます。

 

4.当事務所での進め方

当事務所では依頼者様と相手方との関係性を考慮しながら、臨機応変に督促・交渉・回収を行わせて頂いております。

例えば、相手方の事業状況を検討して、直ちに全額返済を迫るよりも事業を継続しながら分割払いで支払ってもらう方が多くの回収が見込めると判断すれば、督促だけに限らず、必要に応じて事業改善の案を相手方へアドバイスもさせて頂きます。

 

5.債権には時効がある

ちなみに、債権には時効がありますので、何も行動をおこさないでいると回収できる債権も回収不能のまま時効となってしまいます。

回収困難な債権でお悩みの方は、依頼される、されないは別として、まずは早急に弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

当事務所では、まずは弁護士とご相談頂き、債権が時効にかかっていないか、債権を回収できる見込みがあるかをご確認いただいたうえで、弁護士の提案する解決方法にご納得頂けかつ弁護士費用を支払ってもメリットがあるとご納得頂けましたら、ご依頼いただきたいと考えております。